スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チョモランマ遠征登山隊報告会
7月4日14:00より神奈川大学主催「神奈川大学山岳部チョモランマ遠征登山隊報告会」が
1号館804会議室で開催されました。
大学関係者 協賛企業関係者 個人賛助者 学士山岳会会員 隊員 支援隊員 等出席し
盛大に行われました。
中島学長の挨拶 白井学生生活支援部長の発声で乾杯し、懇親会に移りました。
懇親会では、遠征隊のスライドが上映されるなか、遠征隊員を囲み和やかに歓談をしました。
暫く歓談をしたのち隊員全員が整列し隊員からの報告が行われました。
落合隊長からセブンサミッツ計画誕生の経緯、最難関のチョモランマ制覇の報告、支援者
への御礼の挨拶がありました。
登頂者である田中、宮守両君へインタビューの後 菊池総監督が挨拶し、支援者への御礼、
セブンサミッツ第7峰南極大陸ビンソンマシフ遠征への支援の要請が行われました。
最後に応援指導部のリードのもと、応援歌 校歌を全員で歌い、閉会いたしました。
学長 応援団
遠征隊 houkokutete nobori 
スポンサーサイト
チョモランマ登頂 隊員帰国
3月22日出発した神奈川大学チョモランマ遠征登山隊は、5月18日に
田中 宮守両君が登頂し5月27日全員帰国いたしました。
両君の登頂は、遠征隊全員が一丸となってサポートした成果です。
これで神奈川大学セブンサミッツ計画の第6峰最難関チョモランマを
制覇しました。 この遠征にご支援 ご協力 ご声援をいただきました
皆々さまに感謝いたします。

(事務局記)
遠征隊全員帰国
5月27日 8:10 タイ国際航空 TG640便でチョモランマ登頂を
果たした、(西田 立川 菊池 田中 小笠原 作田 宮守)の7名が
元気に帰国いたしました。

平能事務局次長 本田山岳部顧問 学士山岳会尾藤名誉会長 
ご家族 現役山岳部員の迎えるなか長期遠征で少しスリムに
なってはいましたが、全員その顔にはチョモランマを征服した
満足感 誇らしさを漂わせ元気な姿で到着口を出てまいりました。

記念撮影のあと隊を代表して西田 菊池 田中 宮守の4名が
大学の車で横浜の大学まで帰国の挨拶に向いました。

これで25日先に帰国した(落合 樋詰) 本日関空経由で帰国した
(渡邊 伊藤Dr) 遠征隊全員が帰国しました。

(事務局記)

チョモランマ遠征隊全員帰国
遠征隊帰国
遠征隊の帰国が決まりました。

5月27日 成田 8:10着  タイ航空 TG640
 第1ターミナル  南ウイング


早朝になりますけどお出迎え下さい。

渡邊隊員は関空経由となります。
アタック隊BC帰還
 18日にチョモランマを征服したアタック隊員(落合 田中 宮守)が
昨日(20日)19:00無事BC(5,200m)へ帰還しました。
行動記録は 18日C3(8,300m)泊 19日C3~ABC(6,500m)

 20日ABCより長い長い道のりを頑張りBCへ到着いたしました。
3君とも体力は消耗しておりましたが、高度を下げるごとに元気を
取り戻したようです。

本隊は長期間にわたる高地での生活で疲労が蓄積しておりますので、
本日(21日)BCを撤収しザンムー(ネパール国境に町)へ下山する予定です。
明日は国境を超えネパール(カトマンズ)へ入る予定です。カトマンズで残務整理等ありますので、帰国日程は決定次第UPします。


BCへの到着が確認できずUPが遅れ、大変ご心配お掛けしました。
また、数々の祝福のコメントを頂き有難うございました。

(事務局記)
Copyright © チョモランマ遠征隊. all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。